瀬戸内海産のワタリガニは絶品

冬はと言えばカニが定番となっているシーズンとなっているわけですが、山陰地方で獲れる松葉ガニに劣らないのが瀬戸内海産の美味なワタリガニです。正しくはガザミと言われ、現実には瀬戸内で著名なカニと伝えられています。

 

日本国内で買われる多くのタラバガニはロシア原産が多く、大概ベーリング海などに棲息していて、北国の稚内港に卸されて、そこを拠点として色々な場所に送られて行くのが通常です。

 

美味しいワタリガニはカニ下目の内のワタリガニ科に類するカニの全体の名前で、国内では白い水玉模様があるガザミやたくさんの歯が生えているタイワンガザミに代表される注目を浴びているガザミ属を指し示す呼称とされているのです。

 

コクのある松葉ガニも味噌があまり入っていない水ガニもいずれもズワイガニのオスという事が分かっています。それなのに、変わりのない甲羅の体積でも松葉ガニの価格は高額に付けられているのに、水ガニは総じてリーズナブルです。

 

北海道産毛ガニは活きの良いカニ味噌の芳醇な味わいが絶妙な味を生み出します。極寒の海で育つとうんと質がアップするのです。トップレベルの北海道からリーズナブルにおいしいものを産地から届けてもらうならば通販に限ります。

 

加工せずに食しても堪能できる花咲ガニについては、適当に切って味噌汁でいただくのもお試しください。北海道の人たちは味噌汁をカニで作ったものを「鉄砲汁」というらしいです。

 

とろけそうに柔らかく繊細な身の本ズワイガニは、産地から直送してくれる通信販売のかにを依頼せねばなりません。通販をしているところから本ズワイガニを購入してみれば、先ず異なるのが体験できるはずなのです。

 

毛ガニを活きたままで、というときはちゃんと獲れる現場へ向かい、厳選して仕入れをする問題上、出費とか手間がとても掛かります。であるから、通販のお店で活き毛ガニがある、ということはほとんどの場合ないのです。

 

よく目にするものより大きめの冬に食べたくなるワタリガニの雄は、甘みが一言では言い表せません。頑丈な甲羅に、熱燗のお酒を注ぎ入れてから飲んでみると、カニ味噌と良いコンビネーションとなって、風味抜群の美味しさを感じ取ることになるでしょう。

 

一遍特別なこの花咲ガニを味わえば、蟹の中で一番のその豊かな味は止められなくなるほどでしょう。大好きな食べ物がひとつ追加されるのですよ。

 

ズワイガニとは、水深300m前後の深海に集まり、景色の良い山口県からカナダの近くまで水揚げされるとても大きくて食べた時の充足感のある口にする事が出来るカニだと断言できます。

 

甲羅にプチプチとした「カニビル」の卵がふんだんに張り付いているほど、ズワイガニが脱皮を行ってからかなり時間が過ぎたことが分かり、ズワイガニの身の実態が望ましく極上だとジャッジされるのです。

 

深海で獲れるカニ類は積極的に泳がないと言われます。元気に常々泳ぎ回るワタリガニの贅沢な身が引き締まっていてデリシャスなのはごく自然なことだと聞かされました。

 

強いて言うなら殻はソフトで、支度が楽なところも喜ばしいポイント。大きなワタリガニを見た時には絶対に茹でたり蒸したりして口に入れてみることを願っています。

 

シーズンの極上の花咲ガニを召し上がるなら根室原産のもの、抜群の風味を感じさせてくれます。急がないと完売御免なので、販売中にチャンスを掴んでしまったほうが絶対です。